ブラビオンに含まれる成分の効果と配合量をチェック

ブラビオンは増大サプリとして配合成分や配合量に特徴があります。

 

まだまだブラビオンの口コミ情報少ないけど、使ってみて実感することが出来るのか?

 

ここでは、ブラビオンに使用している成分や配合量からブラビオンの良い点・悪い点が見えてきたので、その結果をまとめて紹介します。

 

ブラビオンの効果の決め手となる主成分について

ブラビオンは従来の増大サプリと違い、配合している成分を7種類と厳選しています。

 

増大サプリでは、多くの成分が含有されているのが当たり前だったので、ブラビオンの成分表を見た時にこの少なさは意外でした。

 

 

主成分はシトルリンとアルギニンで、増大サプリには不可欠な成分ですね。

 

それぞれの成分に期待できる効果とは、、

・シトルリンは、体内でアルギニンに変換されるときに産生される一酸化窒素により血管拡張作用があるので、身体の血流を促進してめぐりを良くする効果を期待できます
参考元:http://www.citrulline.jp/faq/life/no.html

 

・アルギニンは、体内で合成できる非必須アミノ酸で、成長ホルモン分泌を促進、免疫力向上、疲労回復の効果が期待できます。
参考元:http://www.fujiyaku.org/ygk/?p=4731

 

 

シトルリンやアルギニンは別々で摂っても良いですが、アルギニンも体内でアンモニア解毒に関わるときに一酸化窒素を産生します。
つまり、シトルリンとアルギニン、更にビタミン類などその他栄養素と同時に摂取する方が相乗効果が見込まれると言われています。

 

食事と一緒でバランスが大切です。

 

ブラビオンがこだわる成分の役割とは

ブラビオンがこだわる成分は、めぐりと成長です。

 

増大サプリで実感を得るためには、勃起力をどれだけ健全にするかが重要です。

 

膨張と収縮を繰り返し、膨張率を上げる為には、血流の促進つまりシトリルンとアルギニンをしっかりとることが大切です。

 

シトルリンは、1930年に日本でスイカから発見された成分で、2007年に食品として利用が可能となりました。
体内でシトルリンにより産生された一酸化窒素は、血管を拡張する作用があり、血流を促進する効果があります。

 

血流を良くすることで、これまで不満だった勃起をフル勃起させることで、サイズアップにつなげていきます。

 

このシトルリンの効果は、1日800mg摂ることが推奨されています。

 

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進させる効果がありますが、この成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されます。
分泌量は20代をピークに減少していくと言われています。

 

アルギニンは、成長に関わる成分であり強い体や筋肉を作る効果に期待が出来ます。

 

尚、アルギニンの効果については、2,000mg以上の摂取が推奨されています。

 

 

ブラビオンの成分配合量が増大サプリの中で抜群です!

ブラビオンは主成分となるシトルリンとアルギニンの配合量を公開しています。

 

ネット上の公式サイト情報だけでなく、実際に自宅に届いたブラビオンの商品ラベルにも記載されています。

 

そしてこの成分の配合量がブラビオンは高配合となっています。

 

主成分シトルリン・アルギニンの配合量

シトルリン・アルギニンの配合量は、共に1カプセルで1,000mgです。

 

ブラビオン1個(90カプセル入り)で、90,000mgとれる驚異の配合量になっています。

 

ただ、ブラビオンの1カプセル容量は447mgなので、普通の製法であればこれだけの量を配合することは出来ません。

 

そこでブラビオンは、10倍濃縮製法を採用することで、カプセルに閉じ込めることが出来ています。

 

ブラビオンは、1日で3〜10カプセル使用しますが、3カプセルで十分な量のシトルリンとアルギニンを摂ることが出来ます。

 

 

 

サポート成分の配合量

サポート成分の個々の配合量は未公開ですが、「配合量が多い順番=商品ラベルに記載の順番」で確認することが出来ます。

 

447mg(1カプセルの量)-200mg(シトルリンとアルギニン量)=247mgがサポート成分の配合量になると思います。

 

ブラビオンの成分表示

 

サポート成分配合量多い順

  • ビール酵母:必須アミノ酸やビタミン類が豊富
  • マカ末:精力増進・成長ホルモン分泌の促進、免疫力向上などの作用が期待
  • アカガウクルア末:強壮のため古くから一部の民族で利用されてきた成分
  • ガラナ末:滋養強壮・疲労回復の作用が期待
  • トレハロース:吸湿の抑制、品質向上、たん白質変性抑制など

※デキストリンは、食品扱いの炭水化物です。エキスを粉末にする時などに使います。

 

これらの成分は、多くの増大サプリでも含有されている成分です。

 

ブラビオンの効果を体験した記事はこちら

 

ブラビオンのシトルリン量多すぎない?

ブラビオンを調べていくうちにこれまでの増大サプリとはブレンドの考えが違うものであることが判りました。

 

ブラビオンは、配合数量より、配合量にこだわっています。
増大は血流が一番重要だと思っていた私としては、ブラビオンには可能性を感じています。

 

ただ、気になるポイントもありました。

 

それはシトルリンの量が多すぎることです。
シトルリンの推奨量は、800mgと言われていますがブラビオンの3粒で3,000mg摂れてしまいます.

 

シトルリンの過剰摂取は無いと言われていて、自然に排出されるだけですが、お金を払っているのでちょっともったいないですよね。
シトルリンの量を減らして、亜鉛など入れてくれれば良かったのにと思います。

 

ただ、シトルリンは体内でアルギニンに変換されるので、アルギニン量を増やすことが出来ます。
さらにアルギニンよりシトルリンの方が吸収率が良いので、アルギニンをサポートしてくれる存在だとすれば、決して無駄ではないようです。

このページの先頭へ戻る